季節性アレルギーは主に花粉などのアレルゲンによって鼻炎などの症状を引き起こします。これはヒスタミンと受容体が結合することによって症状が現れますが、このヒスタミンの作用を抑える効果があるのがアレグラになります。

せきが出る女性たち
お知らせ
赤と青のカプセル

アレグラは季節性アレルギーや通年性アレルギーによって引き起こされる鼻炎や皮膚炎、蕁麻疹といった症状に用いられる抗アレルギー薬です。
坑ヒスタミン薬に分類される薬で、フェキソフェナジン塩酸塩を有効成分とし、ヒスタミンH1受容体拮抗作用およびケミカルメディエーター遊離抑制作用を有します。

アレルギーの発症は、ヒスタミンと呼ばれる体内物質が関与しています。
アレルギー抗原となるダニやホコリなどのハウスダスト、スギ花粉などにより刺激を受けアレルギー反応を起こすと、免疫系の細胞からヒスタミンをはじめ様々な化学伝達物質が放出されます。
放出されたヒスタミンは神経受容体に結合することで刺激を受け、症状によって多くのアレルギー症状を誘発します。

アレグラはこの中で、ヒスタミンが受容体に結合する部分を遮断し、アレルギー症状の発生を抑えます。
抗アレルギー薬の中では広い症状に対応し、第二世代の抗ヒスタミン薬と言われていて、第一世代のような抗コリン作用を抑えていることから、副作用も少なくなっています。
これまでの抗アレルギー薬よりも即効性に優れた効果を発揮することから、突然のクシャミや鼻水といった症状でも使用しやすい薬となっています。
アレルギー性の鼻づまり、クシャミ、湿疹などの皮膚疾患に利用され、その他にもかゆみを抑える効果を期待して処方されることも多いです。

第二世代の抗ヒスタミン薬は、眠気があまり出ないことが特徴で、仕事中でも問題なく服用できることから、アレルギー疾患の患者に多く処方されます。
ただし、アレグラは対処療法の薬なので、アレルギーの原因そのものを治療することはできません。
アレルギーを治療する場合は、皮膚科などで受診する必要があります。