季節性アレルギーは主に花粉などのアレルゲンによって鼻炎などの症状を引き起こします。これはヒスタミンと受容体が結合することによって症状が現れますが、このヒスタミンの作用を抑える効果があるのがアレグラになります。

せきが出る女性たち

アレグラで副作用が起こる割合と市販薬との効果比較

せきが出る女性

アレグラで副作用が起きる割合は非常に少ないので、安心して服用することができるのですが、市販のアレルギー剤と比較すると効果が高く、さらに副作用も少ないという特徴があります。
市販されているアレルギー剤は古いタイプのもので、眠気や注意力の欠如などの副作用があるので、車の運転ができないなど生活に支障をきたす場合がありました。
アレグラは第二世代の抗ヒスタミン剤なので眠気を感じることなく、仕事や車の運転をすることができます。
しかしアレルギー剤で眠くなると思っていると、アレグラを服用しても眠くなることがあるので、なるべく車の運転をしないようにしなければなりません。

アレグラはスギ花粉症などの鼻水やくしゃみを抑える作用が強いので、花粉症の時期になると多くの患者に処方されます。
これらの症状の他にも食物アレルギーなどによる蕁麻疹の痒みを抑えることができるので、様々な用途で用いられています。
また市販薬として鼻炎用スプレーにも配合されているので、内服タイプを飲むことができない場合に直接鼻の粘膜にスプレーすると長時間効果が持続します。

食物アレルギーは基本的には蕁麻疹の症状が多いのですが、呼吸器に異常が出た場合は、アレグラだけでなく気管支を拡張する薬やステロイド薬を使って治療を行う必要があります。
アレグラは眠気などが少ない抗ヒスタミン剤ですが、最初の2日程度は眠気を感じることがあるので、車の運転前に服用するのは良くありません。
実際には脳に直接作用しないので集中力の欠如などの症状は出ないとされていますが、従来のアレルギー剤と同様の副作用がでる患者も多いことから注意喚起がされています。
副作用が気になる場合は鼻炎用スプレーを使用して症状を抑えることができます。

人気記事一覧