季節性アレルギーは主に花粉などのアレルゲンによって鼻炎などの症状を引き起こします。これはヒスタミンと受容体が結合することによって症状が現れますが、このヒスタミンの作用を抑える効果があるのがアレグラになります。

せきが出る女性たち

アレグラの副作用の強さとメロンアレルギー

鼻水くしゃみが止まらないとすぐにでも止める薬が必要です。
アレグラという薬はその一つです。
安全や注意が特に必要な職業の方は特に鼻水くしゃみとともに薬で眠くなるわけにはいかず余計に難しくなります。
これらは成分が脳に入るためだと言われています。

アレグラは眠くなるという副作用は比較的抑えられた薬になっていますが、副作用は出る可能性があります。
頭痛や嘔吐などで、また副作用が強くなるとアナフィラキシーへといたります。
口の渇きや呼吸困難や蕁麻疹、腹痛に肝臓に問題が起こります。
薬の服用のしすぎで肝臓の異常が出てくることがあるため診断の必要があります。

他に胃薬にはアレグラと合わない成分が含まれるため一緒に飲むと薬の作用が弱くなります。
アレグラは他にアレルギー性鼻炎や湿疹などを抑えていく薬ですが、花粉症に重宝された薬でもあります。
またアレルギーへの処方があり、花粉症は花粉のたんぱく質が原因の一つになりますが、果物や野菜のアレルギーには花粉と似たたんぱく質があるのでアレルギーが生じることになります。
その中でブタクサ花粉と同じウリ科のメロンが同じようなアレルギーの症状が特に花粉症の方にかかりやすくなっています。

主に症状は口や唇の口腔アレルギーになり、腹痛や消化器官の異常、喘息になっていきます。
対処としてはこれらの原因の果物を食べないこととアレグラのような薬での対症療法になります。
症状によっては肌荒れになり、これらの食物アレルギーにはリンゴやセロリ、人参、ナッツ類と多種になります。
メロンを食べての長く口の中に異常が現れる時はこのメロンアレルギーになります。

アレグラで抑える際には同時に果物やジュースを飲むことをさける必要があります。
アレグラは早めの効果が期待される薬ですが、アレルギー体質そのものが改善されるものではありません。