季節性アレルギーは主に花粉などのアレルゲンによって鼻炎などの症状を引き起こします。これはヒスタミンと受容体が結合することによって症状が現れますが、このヒスタミンの作用を抑える効果があるのがアレグラになります。

せきが出る女性たち

アレグラ使用に検査やカルテは不要

アレグラはスギ花粉症による鼻炎の症状を抑える効果が高いのですが、長期間使用をする場合には肝臓に対する負担が大きくなる可能性があるので血液検査を定期的にする必要があります。
また眠気などの副作用も少なからずあるので仕事で車を利用しなければならない場合には他のタイプのアレルギー薬を処方してもらう必要があります。
またアレグラは全てのアレルギー症状を治癒させる薬ではないので、症状によっては他の薬を投与することが必要になります。
自分の判断でアレグラを購入して服用する場合にはカルテなどが不要になります。
デメリットとしてはショック症状を起こした場合などに処方薬を確認できないことや、アレルゲンを特定する検査をしていないことで、原因物質の特定に時間がかかることがあります。

アレグラは安全性が高い薬ですが、脳によるヒスタミンの吸収を抑える薬なので注意力や集中力が低下する可能性もあります。
新しいタイプの抗ヒスタミン剤なので副作用が少ないのですが、ごくまれにショック症状が起きる可能性もあるので、アレルギー専門の病院を受診して検査を受けてから処方してもらうほうが安全性が高くなります。
しかしスプレータイプの鼻炎薬の場合は鼻の粘膜に直接噴霧するものなので、安全性が高く副作用の心配もほとんどないことからドラッグストアなどで市販されています。
スプレータイプに関してはカルテや検査が不要となります。
アレグラは鼻炎や蕁麻疹に対して優れた効果のある薬ですが、食物アレルギーでこれら以外の症状が出た場合には他の薬を併用するなどして対処をしなければなりません。
アレグラを服用するだけで食物アレルギーを根本的に治療することはできません。